夏の名残り

|

「夏の名残り」 これらの写真は、2007 年から 2017 年の間に旅をしたフランス国内、アメリカ、 日本、英国、イ タリア、スペイン、ベルギー、オランダ、スイス、オーストリア、ドイツ、 スリランカなどで偶然 に撮らえたイメージである。 この 10 年間、私は、一連の疑問や陰鬱な想いを抱えながら、まさに 50 代の中年の危機を体 験し た。若かりし時代は終わったという明白な事実、既に思春期の子供たちがもうすぐ私の元 を離れ ていくことを思い、人生の終わりに向かって減退していく不安を感じながら、なぜ写真 を撮り続 けるのだろう?と考えた。 私という存在が開花し、幸せだった時代は終わったように思え、自分で ありながら不可解で 灰色がかった 年月の中に埋もれるしかなかった。 この私の中の大きな変化は、2013 年の終わりになると私の写真に影響を与え始めた。私は 正方形 判の写真をやめて、映画的要素の強い 6×4.5 のセミ判フォーマットを使い、活気を取 り戻すため のように、若い時に作っていたモノクロ写真に再び立ち戻った。 しかし、旅の断片を拾い集めた... Pour en savoir plus

L’arrière-saison

|

J’ai le grand plaisir de vous faire part de ma nouvelle exposition à la galerie Camera Obscura : L’arrière-saison Vernissage le 16 novembre de 17h à 20 h   L’arrière-saison Les prises de... Pour en savoir plus